楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行サービス手配業とは(3) 新規登録は都道府県知事に申請

観光庁が事業者説明会を予定

旅行サービス手配業者の新規登録は、主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事に申請することになる。申請書の様式は未定だが、旅行業新規登録に準じた文書になる予定だ。

申請者が法人の場合は(1)定款または寄附行為(2)登記事項証明書(3)旅行サービス手配に係る事業計画(4)旅行サービス手配に係る組織の概要(5)旅行サービス手配業務取扱管理者に関する書類など。個人の場合は住民票の写しのほか、法人と同等な書類を準備する必要がある。

登録申請手数料は今後都道府県条例で定められることになるが、旅行業者代理業の新規登録手数料と同等の1万5千円になると見られている。営業保証金はない。

観光庁では10月以降、各運輸局単位で事業者説明会の開催を予定している。都道府県の受付は、条例が決まり次第だが、10月以降になる公算が高い。

なお、経過措置として旅行サービス手配業務取扱管理者の選定は、申請から6カ月程度は猶予されそうだ。

観光庁では、旅行業者や宿泊施設等に行ったアンケートから、旅行業登録をしていない旅行サービス手配業者は600社前後とみている。

(トラベルニュースat 17年8月25日号)

(次の記事)旅行サービス手配業とは(4) 改正旅行業法、地域受入強化へ資格新設も
(前の記事)旅行サービス手配業とは(2) ポイントは「書面交付」必須化

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ