楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

貸切バスの駐車場を考える 観光インフラとしての整備遅れ(1) JR京都駅前の事例

インバウンドが大幅に増加するなど、国の重点施策として観光が位置づけられる反面、人材をはじめ受け入れ態勢の遅れが目につく事例は少なくない。その一つに、大都市での貸切バス乗降場の未整備が挙げられる。住民とのトラブルに直結した路上駐停車などは解消されつつあるが、利用者や事業者の利便性から乖離した運用がなされているケースも少なくない。

利用者や事業者の利便性から乖離

京都市下京区の京都駅八条口貸切バス乗降場。大観光地・京都の玄関口として2016年に市が整備し、連日多くの観光客が乗降している。

京都駅八条口貸切バス乗降場

修学旅行はじめ多くのバスが利用する
京都駅八条口貸切バス乗降場

ただ、供用からしばらくして利用方法や使い勝手の悪さが顕在化してきた。

その最たるものが駐車料金だ。最初の10分は無料。しかし10分をわずかでも超えると一気に2千円になる。駐停車できるスペースは12台分が備わり、乗降が重なり混雑した際には出口が混み合う。そうすると、わずかの差で有料になったり、同じツアーや団体のバスが時間差によって無料と有料に分かれるケースが発生している。

こうした事態を受け、中小旅行会社などで諸問題を考える「全旅協オール京都・観光バスプロジェクト」(常田学委員長=ウイニングトラベルサービス)が発足した。アンケート調査や意見交換会を開いて、改善策を練っている。

(トラベルニュースat 18年2月10日号)

(次の記事)貸切バスの駐車場を考える 観光インフラとしての整備遅れ(2) 駐車料や予約方法―改善へPJ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ