楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

瀬戸内に新たな“色”を JR西日本「せとうちパレット」PJ(2) 創造・鉄道本部連携で素材開発

“要”のエリア、観光需要拡大を

さらに、20年の夏までに新たな長距離列車を投入。トワイライトエクスプレス瑞風とは異なる気軽さを打ち出し、西日本各地の魅力に触れる列車の旅を創造する。

長距離列車は6両編成で、1980年から京阪神で新快速として走っていた117系を改造。先頭車はグリーン車とし個室タイプと1&1シートの車両。中間車はB寝台車のようなフルフラットシートをはじめ、グループやファミリー向けのコンパートメント、リクライニング席、女性専用車など多彩な構成となっている。フリースペースの車両も設けられる。

そのほか古民家を活用した宿泊施設、クルーズ船と鉄道を組み合わせた旅行商品、地域産品の海外向けネット販売など、鉄道以外の事業領域にも参入する。

記者会見で、同社創造本部の橋本修男副本部長は「これまでの観光誘客の展開は地域の素材を旅行会社が商品化し、当社がプロモーションするという仕組みだったが、創造本部と鉄道本部が一緒に取り組むことで地域の素材開発にも積極的に関わることになる。新たな視点を掛け合わせて『地域共生企業』の役割を果たしたい」。

鉄道本部の室博営業本部長は「我々にとって瀬戸内は山陽新幹線が走る要のエリア。それにもかかわらず観光需要は少ない。エリア内のコンテンツを整備することで、交流人口を拡大し地域活性化につなげていきたい」と話していた。

せとうちパレットプロジェクト

記者会見でプロジェクトをPRする
室・営業本部長(中央)ら

(トラベルニュースat 18年5月25日号)

(前の記事)瀬戸内に新たな“色”を JR西日本「せとうちパレット」PJ(1) 観光列車、サイクリング推進

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ