楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

瀬戸内に新たな“色”を JR西日本「せとうちパレット」PJ(1) 観光列車、サイクリング推進

JR西日本は5月10日、多様な観光資源を有する瀬戸内エリアの沿線活性化を目指す「せとうちパレットプロジェクト」の概要を発表した。2020年夏までに新たな観光列車の投入や、しまなみ海道がけん引する自転車観光などに加えて、クルーズと鉄道を組み合わせた旅行商品の開発、地域産品の海外販売にも取り組み、インバウンドを含めて多くの観光客が繰り返し訪れる一大周遊エリアとして瀬戸内海沿岸を活性化。2022年までに現在より15万人増の集客を目指す。

エリア集客15万人増目指す

プロジェクト名を「パレット」とつけたのは、瀬戸内の地域間連携はもちろん、JR西日本社内の鉄道事業と創造事業の連携によって、既存の素材を複数の視点で組み合わせ、瀬戸内エリアに新たな魅力を生み出そうという思いから。言ってみれば、様々な〝色〟を混ぜあわせて新しい色をつくることを表現した格好だ。

具体的な取り組みとしては、サイクリストの聖地として知られる「しまなみ海道」の玄関口である広島県・尾道駅を充実。自転車愛好家をターゲットにしたホステルタイプの宿泊施設をはじめレンタサイクル店やカフェが入居する駅舎に建て替え、自転車観光の拠点にする。サイクリングとサイクルトレイン、サイクリングとサイクルシップといった組み合わせのハブ機能も併せ持ち、2018年度末の開業を予定する。

しまなみ海道

サイクリストの聖地「しまなみ海道」
を中心に、自転車観光の飛躍を図る

また、広島駅や岡山駅も商業施設や飲食店を充実、瀬戸内周遊の拠点性を高める考えだ。

観光列車に関しては、現在は山陽本線や宇野線などで運行し自転車をそのまま搭載できる「ラ・マル・ド・ボァ」や、客船のキャビンをイメージし呉線などを走る「瀬戸内マリンビュー」に加えて、今年夏には500系新幹線1編成を「ハローキティ新幹線」として登場させる。

(トラベルニュースat 18年5月25日号)

(次の記事)瀬戸内に新たな“色”を JR西日本「せとうちパレット」PJ(2) 創造・鉄道本部連携で素材開発

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ