楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊新法施行1カ月 百戦錬磨・上山康博社長に聞く(3) 旅館ホテルも需要拡大のチャンスに

国の法制化は世界初

―旅館ホテルの話が出ました。旅館ホテルの人たちへメッセージを。

上山 中長期的な話になりますが、違法民泊が排除できれば、民泊という需要を取りにいくことだと思います。現在、違法民泊に泊まっている人の中には、旅館ホテルとは違うスタイルの宿泊施設に泊まりたいという人がいるのかもしれません。そういったお客さんの需要をしっかりと捉えることが新たなビジネスチャンスになるのではないでしょうか。

―合法な民泊だらけになったとしたら、既存の旅館ホテルの大きなライバルになるかもしれませんね。

上山 繰り返しになりますが、旅館ホテルにはプロのノウハウがあるので、新たな需要を取りにいくチャンスなのかもしれません。

―日本の民泊の法律は他国より厳しいということを聞きますが、その点については。

上山 海外の事例でいうと、これまで規制があったのはニューヨークやパリ、アムステルダムといった都市圏です。日本でいう各自治体の条例で取り締まっています。年間で30日とか60日とかが多く、日本のように180日は長い方です。

都市圏ではなく、国として民泊のルールをつくったのは日本が世界初。国をあげて180日の民泊を推進しようと言っているのと同じです。

(トラベルニュースat 18年7月25日号)

(次の記事)民泊新法施行1カ月 百戦錬磨・上山康博社長に聞く(4) 新法で空き家のシェアを推進
(前の記事)民泊新法施行1カ月 百戦錬磨・上山康博社長に聞く(2) 旅館と合法民泊の共存共栄訴え

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ