楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊新法施行1カ月 百戦錬磨・上山康博社長に聞く(4) 新法で空き家のシェアを推進

「本当の民泊のスタート」へ

―新しい民泊仲介事業者の協会を作られるということですが、何社くらいの仲介業ですか。

上山 外資系も含め大手仲介業業者複数社でまずスタートさせる準備を進めています。それぞれの考え方があるので、方向性はこれからですが、まずは市場の適正化を主軸の目的に置くことについては当社の考えとして訴えていくつもりです。観光庁に登録されている仲介事業者は、当社としては基本的には法律を守るところであれば、すべてに入ってもらいたいと思っています。法律をきちんと守ることを証明したい。真っ白軍団ですね(笑)。

今後も定期的に会議を開くので、徐々にこの協会の先行きが見えてくると思います。きちんとした形が見えてきた段階で会の発足ができればと思っています。

住宅仲介事業者適正化協会の準備会合

JATAやANTA、観光庁も招き開いた
住宅仲介事業者適正化協会の準備会合

―最後に協会設立への思いを。

上山 当社だけの思いで言えば、とにかく違法民泊を撲滅し、利用者にとって安全安心な新たな市場の確立が一番です。そのために、法律を守り正規に民泊を仲介する業者で組織をつくり、互いに意見交換をする場は必要だと思います。

180日しかないのは商売にならないという施設者もありますが、今回の新法は、空き家や空き室、旅行者との交流を促すシェアリングエコノミーの推進が目的の一つです。365日営業をしたいのなら、旅館ホテルの営業許可をとって民泊をするという方法もあります。それぞれの目的や地域、施設条件などに応じてルールを使い分け、合法の民泊事業を実践される方が増え、宿泊のバリエーションが全国に増えてくることを望みます。

ここからが、本当の民泊のスタートと考えています。

(トラベルニュースat 18年7月25日号)

(前の記事)民泊新法施行1カ月 百戦錬磨・上山康博社長に聞く(3) 旅館ホテルも需要拡大のチャンスに

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ