楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(3) ツーリズム・アワード、雪国観光圏に大賞

雪国の可能性を追求

第4回「ジャパン・ツーリズム・アワード」の表彰式が9月20日、ツーリズムEXPOジャパン開会式後の全体会場で、各国から参加した観光大臣や出展者に見守られるなか行われ、大賞を受賞した一般社団法人雪国観光圏の井口智裕代表理事や、各賞受賞者が表彰された。

雪国観光圏は、観光庁が打ち出した広域観光圏構想のもと、2008年に「観光圏の整備による観光客の来訪及び滞在の促進に関する法律」に基づき認定された新潟、長野、群馬3県の隣接する7市町村にまたがる観光圏。現在は日本版DMOの先駆的存在として、雪国観光圏のブランド化を中心に、雪国A級グルメの認定事業や着地型旅行商品を造成・販売している。

井口代表理事は表彰後のあいさつで「3県7市町村が関わる事業で困難もありましたが、100年後も住みたい雪国という思いを原動力に10年間活動してきました。雪国の可能性を追求していきたい」と、今後を見据えた。

ジャパン・ツーリズム・アワード

表彰を受ける井口代表理事(右)

同アワードはツーリズムEXPOジャパンの主要事業として創設。取り組みの持続性を重視し、連続応募、連続受賞が可能なことを特徴としている。国内・訪日と海外の2つのカテゴリーにそれぞれビジネス、地域、メディアの3部門があり、今年は昨年を上回る261件の応募があった。

(トラベルニュースat 18年10月10日号)

(前の記事)過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(2) 旅の地域への貢献・世界観光大臣会議から

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ