楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業革新への挑戦 JATA経営フォーラム(2) AIVS今どきの新入社員

リスク軽減にAIの予想を活用

「ロボットは東大に入れるかプロジェクト」を率いたことでも知られる新井教授は「今のAIは言葉の意味が分かりません。福島が地名なのか食べ物なのかも分からない。統計と確率から答えを見つけているのです」と話し、例えばアップルのシリーで「周辺で一番おいしいロシア料理の店を教えて」と「周辺で一番まずいロシア料理以外の店を教えて」と2つの質問に、同じレストランを答えると紹介した。

一方で、AIロボットは東大には合格できなかったものの、中堅以上の大学にも合格できる程度の高い偏差値を示した。「意味を理解できないロボットの偏差値が高いということは、もしかしたら、受験生も言葉の意味が分からないのでは」と考えた新井教授は、いくつかの例文をつくり「問い」を理解できない受験生が多くいることが分かったという。「皆さんの会社には、こうした意味が分からない人たちが入社してくるんですよ」と話し、著書のPRとともに、自らが研究開発を主導する「リーディングスキルテスト」を入社試験で行うよう勧めていた。

新井紀子教授

国立情報学研究所
新井紀子教授

意味は理解できないAIにも、大量の統計と確率を駆使した得意分野は多い。新井教授は、インバウンドの伸びに伴う予約キャンセル率の高まりについて「相手や数量や時期などから、キャンセルの可能性をAIが予想できる」と話す。

AIの予想から、キャンセル料がかかる日を前倒しすることなどでリスクを軽減できる可能性がある。「需給に応じて旅行や宿泊料金が変わることをマーケットは受け入れています。同様に、ペナルティの取り方が変わることもありなのでは」と提案していた。

(トラベルニュースat 19年3月25日号)

(前の記事)旅行業革新への挑戦 JATA経営フォーラム(1) タビマエ・ナカ・アトの価値とは

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ