楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ツーリズムEXPOジャパン2019 初の大阪開催に15万人来場(1) ゲートウェイ関西をアピール

日本観光振興協会(日観振)と日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)が主催する世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」が10月24―27日の4日間、大阪市住之江区のインテックス大阪を主会場に開かれた。100カ国・地域、全国47都道府県が出展、業界向けには商談、一般来場者向けには体験企画などを通して旅の魅力を訴求した。東京以外の都市では初開催となる今回は期間中、目標の13万人を上回る15万1千人が来場。日本のゲートウェイとしての関西のアピールに成功した。

「ツーリズムの力と責任をいかに発揮するか」 真の観光立国へ

ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西は24、25日が業界関係者が対象、26、27日が一般日として「私の旅は、次のステージへ。」をテーマに開いた。

24、25日は「持続可能な発展のために、今こそ観光の役割を果たす!」をテーマに、フォーラム・セミナーを開催。24日はハイアットリージェンシー大阪で開会式に続き、建築家の安藤忠雄さんによる基調講演、TEJ観光大臣会合(いずれも2面)を、25日はインテックス大阪でデジタルマーケティング、海外旅行、エンターテインメントの各シンポジウムが催され、連日ほぼ満席だった。

開会式で、日観振の山西健一郎会長は「初開催の大阪・関西はG20開催など日本で最も勢いある都市のひとつ。世界経済のけん引役として期待されている」と紹介。今大会について「ツーリズムの力と責任をいかに発揮するか。すべてのプログラムを通して世界、日本に提案し、よりよい未来を築きたい。地域にツーリズムの役割の大きさをあらためて示し、次回20年の沖縄開催につなげたい」と開会を宣言した。

ツーリズムEXPOジャパン2019

国内外の観光関係者が一堂に会し行われた
ツーリズムEXPOジャパンの開会式

観光庁の田端浩長官もあいさつし「世界との相互交流を深め、日本を真に開かれた国にしたい。関西にはゲートウェイとして国内外の観光客が集うことを期待している」と話した。

ウェルカムスピーチに立った国連世界観光機関(UNWTO)のズラブ・ポロリカシュヴィリ事務局長は「日本には、我々が来年推進を予定しているルーラルツーリズム(都市・農村交流)やエコツーリズムの参考にしたいと期待している。日本と密に関係し学びを深め、世界的な観光を発展させていきたいと考えている」とした。

(トラベルニュースat 19年11月10日号)

(次の記事)ツーリズムEXPOジャパン2019 初の大阪開催に15万人来場(2) アワード国交大臣賞・百戦錬磨を表彰

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ