楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ツーリズムEXPOジャパン2019 初の大阪開催に15万人来場(2) アワード国交大臣賞・百戦錬磨を表彰

「農泊」をインバウンドで活性化 応募総数の増加に期待の声も

開会式に続いて、先ごろ発表された「第5回ジャパン・ツーリズム・アワード」の表彰式を開催。応募209件から各賞が選ばれ、壇上で表彰された。今回から設定された旧大賞の「国土交通大臣賞」に「農泊と世界をつなぐ地域活性化サービス」で選ばれた百戦錬磨の上山康博社長は「この賞の名に恥じぬよう、たゆまぬ努力を続けたい」と抱負と喜びを語った。

第5回ジャパン・ツーリズム・アワード

観光庁の田端長官から「国土交通大臣賞」を授与される
百戦錬磨の上山社長

審査委員長を務めた本保芳明UNWTO駐日事務所代表は講評として、インバウンド、持続可能がこれまでのキーワードになっているなか、百戦錬磨の取り組みは日本の資源「農泊」をインバウンドで活性化するもので、今後のビジネスモデルになると評価。

全体としては「デジタル、DMO関連も多くの有能な取り組みがあった。ただ、応募が前年より減ったのは残念。観光大国のためにアワードを発展させるうえで、課題を残した」と次回への“宿題”も提示した。

展示会は47都道府県、世界100カ国・地域から、前年比2%増、過去最高の1475の企業・団体が出展。商談や体験で連日各ブースとも賑わった。

(トラベルニュースat 19年11月10日号)

(前の記事)ツーリズムEXPOジャパン2019 初の大阪開催に15万人来場(1) ゲートウェイ関西をアピール

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ