楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四字熟語で2020年の観光を占う(4) 19年の「観」字を検証−

皆さん慧眼

今年の観字を選んでいただいた7人は、2019年どんな一字を選んでいたのか。検証してみると−。

まずは松坂さん。「眩」を選び、改元景気やラグビーW杯の高揚感も「消費税増税による一気の冷え込み」「世界経済の脆弱さ」を予測していた…ん〜お見事。

井門さんもラグビーW杯から「闘」を挙げる一方、増税で家庭での闘いを見通していた。しかも旅行市場の前高後低も…大拍手。

橋爪さんは「健」。これまたラグビーW杯を機に「健康を重視する風潮が高まる」とズバリ。スポーツツーリズムの可能性も予測…エクセレント!

山田さんの「備」はビッグイベントへの準備はもちろん「想定外の災害」の襲来を危惧し「クライシスマネジメントが必要」と断じていた。さすがのホークアイ。

井村さんは、井門さんと同じ「闘」。新たな顧客関係が生じてくると予測する中、テント旅館や棺桶ホテルなど「従来以上の非日常的な空間の創造」をピタリと当てた。

藤田さんの「可」は旅行者自らが情報発信となる「撮影可」をSNS時代の必須としていた…まさに!

池田さんの「躍」はクルーズの飛躍を予想したもので、言わずもがなの結果だった。

と、本紙の観字は選者の皆様のおかげで今年も必読ですよ。

(前の記事)四字熟語で2020年の観光を占う(3) 運散霧縄・規制酣和

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ