楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

脱プラ、働き方など対応急務 観光関連の法改正4月1日施行(2) 改正個人情報保護法

旅行会社の責務が拡大

「改正個人情報保護法」は、個人の権利利益の保護やAI・ビッグデータ時代への対応などが目的。顧客情報を得る旅行会社や旅館ホテルなど観光事業者が守るべき責務が拡大される。

ポイントは(1)個人が自身の個人情報の利用停止・消去などの請求権が拡大(2)事業者に対応が求められる範囲が広がること。特に、事業者は個人データの扱いに関する自主ルール策定が望まれており、安全管理のために講じた措置を公表する必要が生じる(3)外国の事業者への提供の規制強化(4)命令違反や虚偽申告をした場合、事業者には最高1億円の罰金が課せられることなど。

特に(3)に関しては、当該国の制度などについて本人への情報提供義務が課せられる。旅行会社が外国のランドオペレータや航空会社、ホテルなどに旅行者の個人データを提供する際に、当該国の個人情報法制を調査しなければならなくなり、旅行会社の負担は小さくない。

(次の記事)脱プラ、働き方など対応急務 観光関連の法改正4月1日施行(3) 改正道路交通法
(前の記事)脱プラ、働き方など対応急務 観光関連の法改正4月1日施行(1) プラスチック資源循環促進法

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ