楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい時代への挑戦 2年ぶりにツーリズムEXPO(2) 水際対策緩和発表に期待の声

賑わうブース、示した「新しい旅のカタチ」

TEJの開会には間に合わなかったものの、22日夜には国連総会に出席していた岸田文雄首相がニューヨークで、10月11日から入国者数の上限撤廃、個人旅行の解禁、短期滞在査証(ビザ)の取得免除の3つの水際緩和策と全国旅行支援の実施を表明。

表明を受けJATAの髙橋広行会長は「国内、海外、訪日旅行がかつての活況を早期に取り戻し、日本経済および地域経済の活性化に繋がることを期待いたします。これらの発表がツーリズムEXPO2022の開催期間中にされましたことに感謝申しあげます。観光業界一丸となって新たな時代の旅の創造に取り組んでまいります」とコメントを発表した。

水際対策の緩和には海外の出展ブースからも歓迎の声が多数きかれた。タイの出展ブースで取材に応じたタイ国政府観光庁のタネース・ペッスワン副総裁は「いいタイミングでいいニュースを聞くことができました。日タイ双方向の交流回復の流れを活性化し、2023年には大きな回復見せたい」と期待を示した。

展示会には国内から47都道府県や旅行会社、海外から78カ国・地域が出展した。新しい旅のカタチとして期待されるアドベンチャーツーリズムやクルーズ、観光SDGsなど特別コーナーなどが設けられた。

サステナブルツーリズムや注目のメタバース関連の出展も目立った。国内の旅行会社では東武トップツアーズが、企業の会計情報から簡単にCO2排出量を算定し可視化するソフトウェアを紹介、日本旅行はメタバースの体験コーナーを設けた。

ツーリズムEXPO

ANTAのブース

海外からは19年にビザを解禁したサウジアラビアが初出展。11―12月にワールドカップサッカーを開催するカタールのブースでは、映像で登場する世界的なサッカー選手ネイマールとリフティング対決ができる特設ブースが人気を集めた。

(トラベルニュースat 2022年10月10日号)

(前の記事)新しい時代への挑戦 2年ぶりにツーリズムEXPO(1) 観光復活の足がかりに

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ