楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

3期6年を総括 全旅連・多田計介さんに聞く(1) 民泊、外国人労働者、コロナと3つの山

6月13日の総会で3期6年にわたって務めた全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)の会長を退任した多田計介さん(石川県・ゆけむりの宿美湾荘)に、会長在任期間中の印象深い出来事や思い出、そして次期執行部に託す業界の未来について話を聞いた。

苦難への対応に全力

―会長を務められた3期6年を振り返ってください。

この6年間で思い出すのは、大きな山を三度乗り越えてきたことです。

1期目は民泊問題。2期目は外国人労働者問題。3期目はコロナパンデミック対応になるわけですが、業界にとってたいへん重たい問題に取り組む結果となりました。

民泊については住宅専用地域で宿の営業を行うことで起こった住民問題。地域社会への問題として発展し都道府県、全国の市町村長の皆様にもその安全性への弊害を認識いただき、営業制限や消防に関する義務などを加えて安全・安心を担保する方向に向かうことができました。

多田計介さん

3期6年にわたって全旅連会長を務めた多田さん

2期目の外国人労働者につきましては、観光庁のご指導のもと、宿泊4団体出資による試験センターが設立され、初代理事長を拝命いたしました。しかしながらスタート当時は、なかなか実績が上がらず苦しい運営を余儀なくされました。受験料の3千円を7千円へアップし、なんとか運営を継続できたことが印象強く思い出されます。国と国の問題もあり、予想された実績を上げることはできない中、今もコロナ禍の要因もあって苦戦を強いられているのが実情です。心苦しいのですが、バトンタッチする新しい執行部の皆様の奮闘を祈るところです。

3期目のコロナ禍での対応については、出口の見えない粘り強い活動を続けたことが鮮明に浮かんでまいります。業界の受けたダメージ回復のための政治活動は特に活発に行いました。特に観光振興議員連盟の国会議員の皆様、全国都道府県観議連の議員の皆様、観光立国推進協議会所属議員の皆様のほか、関連する国会議員の皆様への働き掛けを数限りなくいたしました。このことは、全旅連が政治活動の組織として旅館政治連盟を設け、長きにわたって活動をしてきた賜物だと思っています。

(次の記事)3期6年を総括 全旅連・多田計介さんに聞く(2) 日本固有の旅館文化を守る

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ