楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

インバウンド誘致に向け13圏域でアライアンス 全国観光圏シンポジウム

全国観光圏シンポジウムが9月21日、ツーリズムEXPOのプログラムの1つとして開かれた。観光庁が主導する広域観光圏構想から10年、日本版DMOの考え方に立ったインバウンド誘致や、現在全国に13ある観光圏のアライアンスのあり方について意見を交わした。

前半のパネルディスカッションでは、大正大学地域構想研究所教授の清水愼一氏の司会で、東洋文化研究者のアレックス・カー氏、にし阿波広域観光圏の植田佳宏氏が考えを述べた。

13観光圏のアライアンス・プロジェクト「アンディスカバード・ジャパン」のリーダーも務める植田氏は「外国人はゴールデンルート以外の地方に行きたがっていると実感しています。ただ、どうやって行けばいいのかが課題です。私たちは13のアライアンスで、ゴールデンルートに代わる新たな日本の魅力、まだ知られていない日本を世界に提案できると考えています。観光圏を世界有数の観光目的地とするため、精神、生活、文化、探検の4つをエリアが持つ価値とし、価値を提供する客観的マーケティングと管理を徹底していきます」などと話し、宿泊品質認証制度「Sakura Quality」を立ち上げたことなどを紹介した。

植田佳宏さん

植田佳宏さん

また、カー氏は「京都などゴールデンルートの一部では、入り込みがキャパシティを超えたところも出てきました。今は嵐山の竹林より祖谷に行ってもらったほうが訪日旅行者の満足度は高い。地方誘客は、訪日客が増えている今がチャンスです。その方が京都も落ち着きます」などと、観光圏のアライアンスに期待を示した。

アレックス・カーさん

アレックス・カーさん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ