楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Airbnbとどう対峙するか—世界民泊会議(1) 日本から日旅協、全旅連が参加

アメリカ・ニューヨーク市内のインターコンチネンタルホテルで、2018年11月19日「世界民泊会議︱Airbnbニューヨーク会議」が開かれた。世界20カ国30都市のホテル協会や宿泊連合体代表が出席した。会議はニューヨークホテル協会のビジャイ会長の呼びかけでの開催となった。

フランスでは民泊の人気が高まり、ホテルの利用客が減少。17年1年間で800軒のホテルが廃業するという事態が起こるなど、世界主要都市で民泊の普及定着による問題は深刻化している。今回の会議は各地域・国が抱える問題の情報共有化を図り、状況を把握し対処を考えるために開かれた。

会議ではホテル関係者のほか学者、政府関係者、不動産管理会社の代表、地域コミュニティの代表者らが一堂に会し、民泊最大手の「Airbnb」とどのように対峙していくかに力点を置いた意見交換が行われた。

イギリスではロンドン五輪を境に民泊が増え、宿泊産業の状況が劇的に変わったことがテレビ電話を通じて報告された。日本からは日本旅館協会の北原茂樹会長や全旅連青年部の鈴木治彦副部長(当時、現部長)らが出席。民泊の普及に関しては後発ながら、法規制の部分では他国と比べて先行している日本の状況を伝えた。

世界民泊会議

会議で発言する日旅協の北原会長

世界民泊会議

全旅連青年部の鈴木副部長(当時)

AirbnbやHomeAway、Booking.comなど民泊取扱業者に脅威を与える方法として、ホテルの所有者、物件の共有に反対する大家、地方自治体職員、不動産管理会社など連合体づくりが必要であるとの報告があり、現実にスペインのバルセロナでの成功事例も発表された。

(次の記事)Airbnbとどう対峙するか—世界民泊会議(2) 世界規模の連携で抑止力

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ