楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

職場づくり 若者の可能性を広げる

四季の中では一番過ごしやすく、外を出歩くにはちょうど気持ちのよい季節になってまいりましたが、一向に落ち着かないこの状況に、病院関係はもちろんのこと飲食業・サービス業・旅館ホテル業…どこも大変な苦境の中踏ん張っておられることと思います。

本来であればお花見弁当を持って行楽地へ…と考える時期ですが、動きづらい日々が続いております。「動けない」「仕方ない」と思うばかりではなく、楽しいこと・新しいことを考えていく方がよいですね。

今は本当に厳しい時代で、お客様には喜んでほしいものの売り上げが上がらないため予算を切り詰めねばならず、社員の士気も高まりにくいと思います。それでも、予約が取れないことをフロントのせいにもできませんし、その穴埋めをするべく料理長に食材の原価ばかり下げさせてしまってもいけません。

守りに入ってしまったり、やる気をそがれ何も考えずに毎日時間が過ぎるだけでは意味がありません。いいことも悪いことも挑戦していくべきだと思います。新しいことに挑戦する時には、何が良くて何が悪いのか判断がつかないことも多いと思います。それをフォローし補い合える関係性をぜひ職場で築いていってほしいと思うのです。オーナーや支配人は従業員を潰すのではなく、可能性を広げ様々なことに挑戦できるよう広い視野で周りを見てください。

私自身、あんなにも年中飛び回っていた生活が一変しました。

振り返ると感じるですが「今の若者は『トンネル』を好むのだな」と思うのです。若い人たちは、遠い地であってもその場所へ行き、きれいな場所は見ているものの、あっという間に移動し、すごい速さで通り過ぎるだけで記憶には残らない−。もしくはネットで世界中のものを見たり聞いたりすることはできるけれど、簡単で苦労がなく、これも記憶に残りにくい−。昔は、それだけの利便性や情報量がないだけに、皆自分の足で動き…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2021年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ