楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの三十二 地獄太夫と会いに遊郭へ向かう

京都で大名同士の争いで都が修羅の巷となったために、京都を後にいたします。

大阪へ出て参りまして住吉大社の照西庵へ住まいを移すことになます。近郷近在の者も生き仏の一休禅師がお出でになったので皆が甲斐甲斐しくお世話をします。

「こんにちは」「おぉこれは茶太郎か」「実は斯様なお手紙が、堺は高須の遊郭から届けられました」「遊郭から?ワシはそういった所へ上がったことはないが」「ひょっとして架空請求書?」「そんなものであるまい」「そやけど一休禅師、遊郭いうたらあんまりエエ噂ききませんで。この間に前を通りかかりましたんや。そしたら遣手のばあさんが『ええ子がおる、ええ子がおる』言うてね。そこまで言うんやたら、ええ子なんやろうなと思って上がって待ってたら、その婆さんがええ子やったんですわ。あそこは楽園やない。地獄や」「そこと同じくにしてはならん。まぁともかく」

と手紙を開けば、はても艶やかなる女性(にょしょう)の筆で「本来も 無き古の 我なれば 死に行く方も 何もかも無し」=元来何もない所からまいりました私ですが、命が終わる時にもまた何も残せません。

「朝露は 消え残りても 有りぬべし 誰かこの世に 残り果つべき」=朝露は朝には水滴を葉っぱのキラキラさせて姿を現して夕方になったら消えてしまします。けれども次の朝には再び姿を現します。それに比べて人の命のはかないことです。

「ほう。手紙の末尾に『じごく』と認められている。地獄から手紙が届けられた。御存知かな?」「ああ、ひょっとしたら堺の高須の遊郭、鍵屋という所には地獄太夫という絶世の美女が居るとのことです」…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2023年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ