楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの最終回 禅師、床の中で辞世の歌を詠む

「闇の夜に 鳴かぬ烏の 声聞けば 生まれぬ先の 父ぞ恋しき」この歌を地獄太夫に託しましたが、この後思い悩み、どっと患い付いてしまいます。

と言うのも一休、出会った時に地獄太夫の寿命が尽きかけているのを見抜いておりました。そんなある日のこと「一休禅師は、いらっしゃいますか?手前は鍵屋の使いもんですが、地獄太夫がえらいことになりました。今日明日とも分からんような容体となっております。禅師に引導を渡して頂きたいのとことで御座います」「矢張りそうなったか。相分かり申した」

これから急いで鍵屋へやって来ると、地獄太夫は横たわり既に、骨と皮ばかりで御座います。

「一休様、あの歌は、一体?」「あれか?闇の夜に 鳴かぬ烏の声聞けば―とはお経のことじゃ。経巻は山と積まれておってもその教えに気が付かぬ、生まれぬ先の父とは、そうした教えを説く釈迦のことじゃ」「やはり左様で御座いましたか。お陰で死ぬことが怖いと思うことなく過ごせます」「地獄の迷いも晴れたようじゃな」「はい。禅師ありがとうございます。最期の歌をお聞きくださいまし。我死なば 焼くな埋むな 野にすてて 痩せたる犬の 腹を肥やせよ」「見事である。ならばワシも手向けの歌を『仮きおきし 五つのものを 四つ返し 本来空に 今ぞもとづく』」。地水火風空の中で、空以外を返して、元に戻ります。※葬式の葬と言う文字は皆が死体を担いで草むらへ放り込む意味

「ありがとうございます。禅師に引導を渡して貰えればこれ以上の幸せは御座いませぬ」と息を引き取りました…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2023年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ