楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フェリーきょうと登場 ワンナイトクルーズの旅

また瀬戸内海に新しい大型フェリーが登場しました。船名は「フェリーきょうと」で、運航するのは名門大洋フェリー。総トン数は1万5400トンで、全長195メートル、幅27・8メートルの大きさで、船内には全通する2層の車両甲板と、その上に3層の旅客および船員用の甲板があります。旅客675人、トラック162台、乗用車140台を積んで、23・2ノットのスピードで、大阪南港と新門司港の間を13時間弱で結びます。大阪駅のプラットフォームの長さに近い巨大な建造物が、時速40キロメートルで海上を走るのですから迫力満点です。ちなみに幅は電車の約9倍あります。

この船は「フェリーきょうとⅡ」の代替船として、三菱造船によって下関の造船所で建造されました。船は15年で減価償却が終わるので、船齢20年くらいで新しい船に変わるのが普通で、この船もちょうどその船齢での交代ですので、順調な経営サイクルが維持されている証とも言えます。「フェリーきょうとⅡ」は韓国に売却されて第2の人生を送ることになりました。

さて昨年12月に、大阪南港のフェリー埠頭での「フェリーきょうと」の披露に出席して、船内を見せてもらいました。タラップから乗り込むと、そこは2層吹き抜けのロビーで広い階段で上下の階が結ばれていました。内装のコンセプトは「古都のたたずまい」でシックな装いでしたが、3月に就航する姉妹船「フェリーふくおか」は「ベイサイドシティのきらめき」とまた違った雰囲気なのだそうですので、こちらも楽しみです。

船内の新型コロナウイルス対策は万全で日本のフェリーの定番だった大部屋は姿を消して、全て個室またはベッド室にグレードアップされていました。1人旅に便利な個室もあります。パブリックスペースとしては、展望レストラン、展望ラウンジ、インサイドプロムナード、テレビラウンジ、キッズルーム、そしてパウダールーム・授乳室も用意されています。

最上階のオープンデッキに出ると巨大な煙突が聳え立っていました…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2022年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ