楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

無言作業で生産性改善?-変わる会議での意思伝達

18/06/26

皆さんの会社では、会議はまだ会議室に集まってやっていますか?

もしかすると、それは会議主宰者の自己満足を充足するだけの無駄な時間かもしれません。だって、参加者のうち何人が本音で発言をしているでしょう。そもそも発言をしないで帰る人もいるのではないでしょうか。

そんな会議を何十年もやっていると、それが当たり前になり、議論以前に「顔を合わせることが価値」みたいな目的の倒錯が起き始めるかもしれません。もちろん、ふだん顔を合わせない方々が集まることはとてもよいことです。でも、それなら殺風景な会議室ではなく、わいわいと懇親を深められる場所に移したほうがよいと思います。

とはいえ、そういう私も会議はやっていますし、喜んで参加もします。でも、あと10年もすれば、こういう会議もなくなるのだろうなあと思いながら参加しています…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2018年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ