楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

高齢者リードするニッポン 幸福度も生産性も低いまま

19/05/28

国連の関連団体から毎年発表される「世界幸福度ランキング」。寿命やGDPに比して総じて幸福度の低い日本。今年はついに過去最低の58位になったそうです。

特に低い要素は「人生上の選択の自由」と「寛容さ」。自由が利かず、寛容ではない社会が透けてみえます。

国内でも神戸大学などが2万人調査を行った結果、年収や学歴ではなく「自己決定」が幸福度に大きな影響を与えていることがわかりました。

幸福度ランキング上位のノルウェーと日本の比較調査では、労働生産性もノルウェーのほうが高い結果になっているのですが、残業時間は日本とさほど変わらず、休日出勤に関してはノルウェーのほうが多いのです。それなのになぜ日本は幸福度も労働生産性も低いのでしょう。

圧倒的に違うのは「仕事の自由度」。ノルウェーに比べて日本は「手順が決まった仕事をする」が3倍多く、「自己判断で進めていく業務」が逆に3倍少ないのです。

そう、日本はサービス経済化が進んでも、いまだに工場労働のような仕事のしかたを貫いているがために、幸福度も生産性も低いのです…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ