楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「個」市場対応でコロナと共生

長い第6波が終わろうとしています。まわりを眺めれば、観光再開のために待機なしの入国に移行する国も続々増えています。ウィズコロナという言葉を口だけではなく、心から理解できてさえいれば恐れることはありません。カゼだって同じコロナですし、次は自分の番。いつまでもコロナ、コロナと騒いでいる限り、人類の負け。今年こそウイルスと共生できる日本を築いていきたいですね。

ありがたいことに、新型コロナは新しいマーケットも引き連れてきてくれました。今度は観光業が、この新市場に対応していく番です。それは完全なる「個」の市場。

25年前、団体から個人へと市場が変化し温泉宿の客室も和室から洋室へ、宴会場がレストランに変わっていきました。

そして今、個人市場からソロ市場へと変わりつつあります。見た目は仲の良いカップルだったり、グループだったりします。でもそれは目くらまし。いざ寝る時には、1人1室が市場の本音です。新型コロナは、1人で過ごす時間の快適性を再認識させました。

旅館に例えれば、1人1室で埋まったとしても経営できる宿こそ、ポストコロナで生き残る宿になると思います。そのためには単価や収益性を上げる必要があります。料理のあり方を変える必要があります。

昨夏、学生がひと夏旅館を運営して収益を改善したケースでは料理は近くの旅館から完全デリバリー、ビールとソフトドリンクはフリードリンク式でした。オーダーはQRコードでチェックインも待たせるよりも無人でOK。接客以上に裏方を重視し快適に過ごす環境を作り出すことに徹しました。1人1室にするためには思い切った発想の転換が必要です…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2022年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ