楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

偉人が讃えた「天下の勝地」 埼玉県長瀞町/小さなホテル セラヴィ・清水美枝さん

鳥羽ビューホテル花真珠の迫間優子さんよりバトンをもらった埼玉県の「小さなホテルセラヴィ」の清水美枝です。

我が町長瀞(ながとろ)は大正初期より渓流下りが有名な風光明媚な観光地です。かつては「天下の勝地」とうたわれた長瀞も、今では「フォトジェニックな渓谷で川の旅」などと、ライン下りに加え、カヌーにラフティング、SUP(スタンドアップパドル)等々。荒川の渓流も時代とともに少しずつ姿を変えております。

最近ではあまり耳にしないこの「天下の勝地」ですが、長瀞駅前の大きな石碑には「長瀞は天下の勝地」と渋沢栄一が書いた書が彫られております。実は近代日本経済の父ともいわれる渋沢栄一の生家は隣町で、長瀞町ともご縁があります。

「勝地」の語源は「勝地定主無し」という言葉のようです。「素晴らしい景色には決まった持ち主などいないのだから好きなだけ楽しめばよい」という意味だそうです。

まさに利益を独占するのではなく、皆で共有するという理念を説いた渋沢栄一らしい言葉です…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2021年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ