楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの六 桔梗屋を棒切れでポカポカ

像外和尚の知り合いで、桔梗屋という問屋の旦那が頻繁に和尚と碁を打つ為に暇があってはお寺に来ておりましたから、小坊主たちは「あの桔梗屋の旦那はよく遊びに来て困る」「そうだ!あの人は一度碁を打ち始めると刻を忘れるからな」「おまけにその時は私達も起きてお世話をしなければならん。あの桔梗屋は昼寝をして夜通し碁を打ちに来るが、私達は昼間、座禅をしながら居眠りしようものなら、和尚様から鉄の如意で頭を打たれる。誠に困ったじいさんだ!」「なら私がなんとかしましょう」「おぉ周建ではないか。何か妙案があるのか?」「はい、あの桔梗屋さんの扮装を思い出してください」「確か、衣類の裏地に鹿の皮をあてごうた物を何時も身に付けており、自慢しておりますな」「はい、それです!まぁ私に任せてください」

するといつものように、桔梗屋が安国寺の門を潜ろうとすると、板に墨痕鮮やかに「この寺の中に皮の類堅く禁ずる もし皮の入る時には その身に必ず ばちがあたるべし」。

これを読んだ桔梗屋が「なるほど、小坊主達が夜通し碁を打つのを嫌がっておるんじゃな。確かにわしは獣の皮を身に付けておるが、まぁどんな罰が当たるんじゃろうな?」と…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2020年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ