楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

仏ブランドが日本初進出 フォションホテル京都

「フォション」といえば、フランスのパリを拠点にした紅茶やジャム、チョコレートなど高級食材のお店。そのフォションが手掛ける「フォションホテル京都」が京都市下京区に2021年3月16日に開業する。「フォション ロテル パリ」に次いで2軒目、日本初出店のラグジュアリーライフスタイルホテルである。

ライフスタイルホテルとは最近登場してきた新しいカテゴリーのホテル。デザイン性に富んだお洒落な内外装を特徴とし、独自のサービスにより高い付加価値を提供。ホテルに行くことが目的となるようなホテルのことを意味する。つまり、その人にとって居心地の良いホテルといえよう。

フォションホテル京都は敷地面積約800平方メートルに地上10階建て、延床面積約5499平方メートル。パリの洗練されたエレガントな空間に、京都らしい落ち着いた色味や和のテイストを施し、パリと京都の文化の融合を体感できるホテルを目指す。

運営は、ウェルス・マネジメントグループのホテルWマネジメント(東京)が担当する。

客室は、広さ約61平方メートルの「プレステージスイート」が7室、32室を占める広さ約38平方メートルの主力客室「スーペリアルーム」、東山を一望できる約35平方メートルの「クラシックルーム」が6室など全室35平方メートル以上のゆとりの広さを確保。フォションのブランドカラーであるフォションピンクをアクセントにしたパリのエスプリを感じるお洒落な内装でまとめ、全室Silly社製のベッドマットレスを導入し、50インチの大型液晶テレビ、エスプレッソマシンなどを備え快適性も重視した。

そして、パリのホテルで人気のサービス「グルメバー」を全室に設置。シャンパンピンクに輝くクローゼットを開くと、フォション自慢のスイーツやペストリー、紅茶などを用意。宿泊客は滞在中自由に楽しめる…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2021年1月1日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ