楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの七 橋の箸を渡らず真ん中を歩く

桔梗屋が「うん、あの周建という小坊主は、只者ではない、よし何とかしてぎゃふんと言わしてやろう」。

数日後、桔梗屋が法事にかこつけて、安国寺の像外和尚に「周建をお供に願います」こう伝えたから、像外和尚も周建を連れていく。桔梗屋の屋敷の前は橋が架かっておりまして、ここを渡らなければ屋敷に入れない。さらに傍には立て札で「このはし わたるべからず」という文言。

像外和尚「うん?なんじゃ、あぁそうか、桔梗屋もとうとう気が狂うたか、ついでに引導を渡してやろう、しかしこの橋を渡るなとは一体どういう了見じゃ、さっぱり分らん、なぁ周建よ」ふっとみると周建は、諸手を振りながら、渡っておりますから「こらこら周建、渡ってはいかんと書いてあるぞ」「和尚様、これで良いのです」「しかし、このはしを渡るなと書いてある」「ええ。ですからこの橋の『真中』を渡れば宜しい。その立て札は仮名で書いてあります、これが漢字であれば渡ることはできませんが、仮名でありますから、橋の端を渡らずに、真中を渡ればいいんです」「なるほどそうか!」

桔梗屋の屋敷に来ると「周建さん、あの立て札が目にはいらなかったんですか? わたるなと書いてありました」「はい、あの橋の端は危ないようでしたから、真中を通ってきたんです」「なるほど」と、これから様々な問答をやり取りいたしますが、すべて周建が上回る。流石の桔梗屋も「大した小坊主じゃ」と感心も得心もいたします…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2020年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ