楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの二十八 名僧と高僧、往来で歌の遣り取り

これを聞いて一休禅師が「なるほど。では西方に極楽浄土あり、また一百三十六地獄ありと言うが、ワシは行ったことがないどうかそれを教えて貰いたい」「左様で御座いますか。『有りと言う 人には地獄は 有るものぞ 無しと思えば 人にこそ拠れ』」。

「うん、其の通りじゃ、聴きにし勝った当時の名僧、実に天晴な人じゃ。時に真の仏というは何処にあるか。これも序に教えて貰いたい」「真の仏?」とさしもの蓮如上人も言葉に詰まってしまうから一休が「それはこうではないかな? 『金仏(かなぶつ)や 木仏画仏石仏(きぶつがぶついしぼとけ) 有難がるも 口きかぬ故』『釈迦阿弥陀 地蔵薬師と 名は有れど 心は同じ 仏なりけり』と二つ詠んで

「しかしながら誠の仏はこのしゃれこうべである」。ぐっとしゃれこうべを突き出したから「如何様こうなれば目出度き最上でござる。これが真の極楽」と上人はこれを手に取って、二三押し頂いた。

「いやどうも天晴じゃ。天下の名僧恐れ入った。まだまだ聞きたいことが御座いますが、今日はこれでお暇を頂戴する。いずれ近きうちにお目にかかる事もあるじゃろうが。いやおおきに妨げを致しました」と一休がカラカラ笑いながら遠ざかっていく…。

名僧と高僧が図らずも言葉を交わしたのは実はこういう歌の遣り取りがあったと講談師だけが言うてますが。

ところがその年の二月。一休の庵にやって参りましたのが、立派な身なりの侍で。

「お頼み申します」「はい、何方で」「拙者は丹後宮津の城主、桃井若狭之介家来、上村内記と申します…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2022年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ