楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toトラベル 東京解禁と市場回復に期待

世界中が新型コロナウイルス(以下、COVID=コビット=19)感染症の影響による混乱の最中、日本では新しい政権が誕生しました。

新首相である菅氏の方針は、安倍政権の継承とCOVID19対策を最優先課題とするとともに行政の縦割りや既得権益の打破などの規制改革を進めることを明らかにしています。メディアが取り上げるのは、主に携帯電話料金の引き下げや地方銀行・中小企業の再編、デジタル庁の設置など目新しいものばかりですが、観光政策に関しても「2030年までに訪日外国人旅行者数6000万人の達成」を改めて掲げ、壊滅状態に陥ったインバウンド需要の回復にも積極的な姿勢を示しています。

菅首相は官房長官時代に「Go Toキャンペーン」も推進しており、首相就任により今後の観光関連事業に対する支援がより強化されるのではないかと期待される方もいるようです。10月からは東京都もGo Toトラベルが適用となり、東京都在住者と東京発着の旅行が解禁されることで国内最大の市場が動き始めます。観光関連事業者からの期待度は新政権以上かもしれません。

国内旅行市場にも徐々に明るい兆しが見えて来ました。日本交通公社の調査(新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向)の1―6月の半年間の推移を見ても、旅行を「予定通りに実施」した割合は…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2020年9月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ