楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アフター・コロナの「当たり前」を考える

全国の緊急事態宣言は解除されましたが、不安が拭われたわけではありません。第2波がやってくるかもしれない、いやこれが第2波なのか?と毎日見えない何かと戦いながら生活している気がします。

これまでの「当たり前」はもう通用しません。それは、働き方だけじゃなく、日常生活も社会環境も変わらなければなりません。

私たち一人ひとりが「感染しない・させない」ためにできることを考え、行動する必要があります。まず日常生活から見ていくと、
(1)規則正しい生活を送る
(2)人との距離・関わり方を考える
(3)プラス思考で感謝する

例えば、自分やまわりが感染しない・させないためには、しっかりバランスよい食事と睡眠、そして適度な運動でしょう。免疫力を高めておくことは、どんな場合にも必要な準備です。

次に(2)の人との距離ですが、社会的な距離を取ることは今後も必要となるはずです。しかし公の場面はそうであっても、オンラインやSNSを上手に使う関わり方を、私たちは学びました。今こそ「多様」な人たちとこれまで以上に関わり合えるチャンスをもらったと捉えると、画面のすぐそばで顔を近づけながら話ができますね…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2020年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ