楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

サービス介助士におけるガイドライン

2019年12月に新型コロナウイルス感染症(COVID―19)が確認され、一年が経過した今も感染が拡大し、収束に至りません。「3密を避ける」対策を取り、「飛沫感染」と「接触感染」をしない「新しい生活様式」を送りながら、また新たな困りごとが発生しています。

私たちが今できることとして、サービス介助士の学習と並行し、感染予防対策をしながら、安全で安心な接遇を提唱していきたいと考えています。

接遇の際は、相互に飛沫を受けないこと、ウイルスが付着した手でお手伝いをしないことが大前提です。つまりマスク着用と手洗いです。しかし、接遇の中では、3密の「密接」は避けることができない場合があります。よって接遇の際は、
・対面しない
・会話は最小限
・お身体にはなるべく触れないこと
を対話を通して伝えていきます。 このような対話を意識するためには、コミュニケーション手段を2種類以上掛け合わせて行うことが効果的です。

例えば、口頭で説明していることをイラストや文字にして指し示しながら説明することで、マスク着用で声が聞き取りづらくてもイラストを見れば内容が把握できる、というような案内ができるようになります。お手伝い内容や困りごとを一方的に決めつけず…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2020年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ