楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「超近間湯治の拠点にぴったりな宿」 大浴場付きドーミーインの行き届いた配慮が素晴らしい!

このコラムでは、原則、宿泊施設を観客力の対象にはしない方針できたが、今回は例外。最近、活動めざましいドーミーインチェーンの宿泊体験について触れてみたい。

とにかく、コロナのおかげの禁足令、ボーダー越えの旅行もNGということで、気分もむしゃくしゃするので、都内温泉浴ツアーを考えた。

都内のビジネスホテルで、大浴場付きのものを選んで2泊3日しようというたくらみ。

2泊がみそで、1泊2日では、チェックアウトとチェックインが近接しすぎていて味気ない。2泊だと、丸々一日、そのホテル、土地にいられるのが、なんともゆとりで、楽しい。それに僕は東京生まれで、馴染みの深い土地でも、じっくり一日歩くといろいろな発見もある。超近間の連泊というアイデアは悪くない。

ということで、浮き上がってきた宿泊先が大浴場つきのドーミーイン。

純然たるビジネスホテルの神田と旅館タイプの浅草・野乃に泊まってきた。

これがまあ、素晴らしい。

チェックインしてお部屋に入ると、冷蔵庫にミネラル一本にウエルカムフルーツが入っている。18平方メートルくらいだが、バスとトイレが別室(ユニットというのはいかさない)。ベッドの広さも十分。それで、顧客のことがよく分かっているなと思うのが、クローゼットのハンガーの数…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2021年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ