楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

合理的配慮と建設的な対話

障害者差別解消法には様々なキーワードがあります。例えば4月から義務化となった「合理的配慮」を考えるにあたり、障害の社会モデル、意思の表明、社会的障壁の除去、過度な負担にならない配慮、双方の建設的対話などがあります。

今回は「建設的な対話」について考えてみましょう。

まず「建設的な対話」根本的な言葉の意味合いとして、合理的配慮の提供にあたり、社会的障壁を取り除くために必要な対応について、障害のある人と事業者が対話を重ね、共に解決策を検討することが重要であり、ここでの双方のやり取りを「建設的対話」と言います。

例えば、車いす利用者がホテルに宿泊する場合、一般ルームよりバリアフリールームを検討することが多いですが、完全にバリアが取り除かれているかというと、洗面所への扉幅が狭かったり、小さな段差が残っていたり、洋服をかけるためのハンガーは、座ったままでは手が届かない、浴室をみわたすと、湯船に入るための手すりはあるものの、浴槽に座れない方には、シャワーチェアーが必要な方もいます。つまり準備がないからできないと断ってしまっては、合理的配慮が提供できていないことになります…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2024年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ