楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

視覚障害者が怖い!って感じる時

視覚障害といっても障害の程度や見え方も様々です。これまでもお話ししてきたように、視覚障害=見えない人と決めつけてはいけません。

先日、視覚障害のある方々と意見交換をする機会がありました。その際、一番怖い思いをするのは「声かけもなく突然に腕をつかまれ、引っ張られることです」と話してくださいました。もちろん、悪気があってしていることではなく、親切心であることは十分にわかっています。だから結局最後は「ありがとうございます」と伝えて別れてしまう、これでいいのか? もっとお互いに笑顔になれる方法があるはずだとモヤモヤしてしまうそうです。

確かに急に腕を引っ張られることで、視覚障害者が驚いてしまい、転倒につながる事故を聞いたことがあります。やはりトントンと肩を叩いたり、「手伝いましょうか?」とまずは声をかけてもらいたい。声をかけてくださる気持ちが何より嬉しいと話されていました。

次は、嬉しいお手伝いのエピソードです。

電車やバスを利用する時、声をかけてくださる方はとても多いそうですが、何としても座らせてあげなきゃ、と頑張ってくださるそうです。「出入り口から遠く離れてしまったなぁ、と感じながら譲られた席に着いた時は、ちょっと焦りますね…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2023年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ