楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

気仙沼版DMO-自力で顧客管理、地力アップへ

先日、気仙沼版DMO(気仙沼観光推進機構)の第8回幹事会(今年度第3回)に参加してきました。前回も説明しましたが、この幹事会は会社でいう取締役会にあたるもので気仙沼市の地域経営の司令塔です。市内の公的5組織(気仙沼市役所、気仙沼観光コンベンション協会、気仙沼商工会議所、本吉商工会、気仙沼地域戦略)のトップとアドバイザーが経営ボードメンバーとして集まり、市全体の戦略策定と共通目標設定、進捗管理を行っています。

今回の協議事項のメーンテーマは気仙沼版DMOの今期目標でしたが、最初に気仙沼クルーカード(ポイントカード)会員の過去データを中心に気仙沼市の地域内消費に関する把握可能な年間データのすべてが説明されました。

データの詳細な数値をここで書くことはできませんが、例えば「気仙沼市にいつ人が訪れるか?」については「年間宿泊者数の推移」や「年間観光施設来館者数の推移」という基本的なものだけでなく、「年間気仙沼関連イベント」ではイベント別の集客力、「年間地域内消費額の推移」は消費額が多い顧客・市場や季節による消費行動、業態ジャンル別の数値が報告されました…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2018年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ