楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

学ぶ姿勢 実際に自分の足で動こう

季節外れの台風が通り過ぎ、梅雨時は少し、観光も左右されますね。お客様の動きも日によって大きく差があるように感じます。

ずっと忙しい日々が続くのも大変ではありますが、日ごと予約数に大きな差が出ると、従業員のシフトの入れ方・動き方も変わってくるため、いらぬトラブルが発生することもあるようです。

新入社員を迎え入れたところでは、入って3カ月が経った新入社員がいったん落ち着いたところ、双方どちらかの理由によりうまく続かなかったところ、いろいろとあるようですね。いくつかの旅館ホテルの話を聞くと、指導の仕方も今は本当に難しいと感じています。私も昭和生まれの人間ですので、若いころ当たり前のように受けてきた指導の仕方が現代では通用にしないこともしばしば。手を持って指導してもセクハラと言われかねない時代になるとは思いもしませんでした。

もちろん法律があるのですから当然ではありますが、労働時間・パワハラ・セクハラ…言い出せばきりがないほどの問題が職場にはついて回ります。上司、部下ともに信頼関係を築けていくことができれば防げることもあります。こういった問題に目を背けず話を聞き指導していく人間が、必ず職場には必要です。

動きやすくなってきた昨今、ようやく海外出張も始まってまいりました。先日は、日本料理の顧問としてお世話になっております台湾へ行かせていただきました。コロナ禍でいったん中止していたため数年ぶりでしたが、それまでの勉強の成果がしっかりと表れていて、バイキングの料理の出し方や盛り付けの仕方など、依然とは比べものにならないほどすっきりとしていました。

日本料理の技術を身につけようと熱心な台湾の料理人の皆さんとの時間はとても貴重です。そこでは、社員の方々もオーナーも同じ目線で耳を傾けてくれておりました。今回私は教える立場でしたが、台湾の方々のように、外に向けてもっと勉強していかなければならないと強く感じました。新しいものを見聞するというのは、良い刺激になり、就労意欲も湧いてくるものですね…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2023年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ