楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

出会いを重ねたTMC時代

旅館経営」誌に池田専務が発表した1961年(昭和36年)度吉田屋の計数資料は、「貸借対照表」「損益計算書」「経営分析表(多項目)」「客室、収容人員、収入金額からみた稼働率」「宿泊客分析(発地別、人員単位別)」「収支見込表」「損益分岐点算定表」など、経営の全容を惜しみなく公開したものです。ちなみに「減価償却前営業利益率」は23%でした。

池田専務については鴨川グランドホテル建築計画にあたって「旅館は客室で稼ぐ商売だから客室総面積が延べ床面積の40%以上を占めなければならない」と強調されていたことが印象に残ります。

外房の海に面して1965年にオープンした67室の鴨川グランドホテルは、前年度採用を含め高校新卒約百人のルーム係を代表とする接客サービスを最大のセールスポイントとし、鈴木社長は常々、彼女たちを「家に訪ねてきた親せきを迎える気持ちで接客するように」と教育していました。茶道・華道を含め礼儀作法を教育され、和服で接客する彼女たちは、顧客から「うちの嫁に」と求められることが多い、と専らの評判でした。

さて私が入社した観光経営センター(TMC= Tourism Management Center)の話。出身母体の日本マネジメント協会社長の駒井進さんには可愛がられ「コンサルタントは給料の3倍稼がないとだめだぞ」と教えられました…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2020年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
旅館とともに50年 の新着記事
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ