楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

遠く離れた海を守る活動 小関由紀子さん/山形県尾花沢市・仙峡の宿銀山荘

皆さま、ご無沙汰しております。岩手県・新安比温泉清流閣の橋本英子さんよりバトンを受け取りました、山形県・仙峡の宿 銀山荘の小関由紀子と申します。

昨年来、コロナ感染で宿泊業はたいへんですね。何とか頑張りましょう。さて、今回はおかみ会の活動の一つを紹介します。

私たちは、平成8年(1996年)に「銀山温泉おかみ会」を発足しました。山形新幹線が来ることになった11年(99年)から、ゴミ拾いを始め、今年で22年になります。

そんな私たちのもとへ海と日本プロジェクトの方がいらして、海のゴミについて説明をしてくれました。川から海に流れてきたプラスチックゴミは、砂のように細かく砕かれ、海中を浮遊し、それを魚が食べ、その魚を人間が食べると言うのです。海から遠く離れたこの銀山で捨てられたゴミは、風に飛ばされ川に入り海へ行く。そして魚が食べる。銀山と海はつながっている。だから、ゴミが川に入る前に拾わなければならないと意識するようになりました。…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2021年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ