楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

虎ノ門パストラル

中学校卒業25周年にクラス会を催したことは書きましたが、都立芝商業高校卒業25周年(82年)にも久々のクラス会を開催し以後、永世幹事を続けています。21世紀入った後は、中学同様にコロナ前まで毎年開催です。

「月刊観光」83年8月号に「のびる旅館・だめな旅館」のタイトルで、ホテルの良さ、ペンション、民宿の良さ、公的宿泊施設の良さ、旅館の特色10ポイント、旅館の良さ、旅館の悪さ、のびる旅館、だめな旅館について率直な意見を述べました。その発売後に山代温泉で講演した際、お出迎えいただいたホテル百万石の吉田豊彦社長に「ズバリ指摘していますね」と喜ばれました。

84年4月「TMCアドバイス」執筆のテーマは「金をかけずに頭を使う」。旅館業界も、給与改定にあたっては、変動給の割合を多くするよう(TMCは変動給が50%)、また「セールスマンは必要か」「夕食だけが料理か」「売店の工夫」「コスト削減の工夫」「テナントの導入」「1分間マネジャー」「TQC導入への警告」など意見を提起。

86年11月、15日間の欧州観光余暇行政調査団は第6回になります。主訪問地はポルトガルのリスボン、スペインのバルセロナとマジョルカ島、フランスのパリ、スイスのインターラーケンとユングフラウヨッホ、ドイツのウィスバーデン。バルセロナでは力を入れている文化行政について、その目的は(1)2千年の歴史を持つ遺産を尊敬する(2)市民の日常生活を豊かにする(3)世界的に魅力あるまちづくりを行う—の3点で、「20世紀を(文化的、歴史的、芸術的)遺産の補修の世紀」ととらえて努力しており、補修後に地下に埋め戻す遺産も多い、と力強く説明してくれました…

(佐藤陸雄=元リーコ代表取締役)

(トラベルニュースat 2022年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ