楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「東京大規模接種センター」 自衛隊のオペレーション能力に感心

僕と同じ世代、65歳から上、の友人、仲間とのあいさつは、最近は「どう?コロナ打った?」「うん、1回目はね」というのが、定番。

僕は5月30日に1回目を済ませた。場所は東京・大手町の自衛隊大規模接種センター、稼働を始めて4日目くらいだったかな。

そうしていたら、菅さんの一喝で、一度に5千人、1万人単位でこなせる大規模接種センターが設営されることになった。それでも、ネットで予約画面までたどりつくまで、小一時間以上かかった。

感想としては、ありきたりすぎるけれど、これはITリテラシーの低い高齢者にはいささか無理があるな、というものだ。そして、地方自治体の処理と自衛隊のもののダブル予約とか、余計ややこしい事態も起きてしまうから、便利さを追求するあまり、かえって不便になるITシステムの弱点をさらけ出している。

ただし、大手町の会場(旧気象庁の庁舎を転用)での、人の流れの捌きは、さすが自衛隊、訓練されていると感心。

注射希望者が次にどこに行くかは、もちろん一筆書きのレーンになっていて、そこに3メートルに一人くらいの濃密さで案内係が立っている。これなら、相当なおじいちゃん、おばあちゃんでも大丈夫だと思った。事実ほとんど遅滞なく、僕の場合は入場から退出まで30分程度で済んだ…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2021年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ