楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ワーケーションを確立する

ワーケーションが話題だ。ワーク+バケーションでワーケーション。コロナ禍を踏まえた新しい働き方であり、インバウンド蒸発後の新たな国内観光需要でもある。

国は政治的発言もあり、ワーケーションに関する実証実験やモニターツアーなど様々な施策や予算を設けている。

専門メディアのみならず一般メディアにもワーケーション特集が出てきた。大ブームになるかも、の様相である。

では、実際はどうなのか。一部地域、一部施設で宿泊客は増加しており、連泊期間が長くなっている。宮城県蔵王町の宿泊事業登録をした別荘ではコロナ禍にも関わらず、コロナ以前の稼働率、客単価を維持しつつ、2泊平均だった泊数が4泊以上となっている。中には26連泊とひと月近い滞在もあるようだ。

しかしながら、滞在者の多くは経営者、自営業、フリーランスなど、時間と経済に自由があり、自らで判断できる人たちだ。このままでは一過性の小さなブームで終わってしまう可能性を含んでいる。

大事なことは、企業、組織にワーケーションに関する制度(就業規則、出張規定、休暇取得規定、人事評価制度など)を策定してもらうことだ。ワーケーションに関する制度が組織内にない限り、ワーケーションの拡がりは期待できない。

有給休暇を取得する制度があっても、他国に比べると取得率の低い我が国である。大前提として、ワーケーションに関する制度がない限り世の中に広まらないことは自明の理である…

(百戦錬磨・観光創生班)

(トラベルニュースat 2021年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ