楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

老舗料亭をリノベーション おのみち帆聲

最近は古民家を改装して宿にするケースが増えた。旅館業法が改正され、さらに古民家を宿にしやすくなったことも一要因といえる。

かねてから観光という切り口で地域に残る古民家を再生し地域活性化を図っているのが、広島県福山市の鞆スコレ・コーポレーションだ。観光名所の鞆の浦で「景勝館漣亭」「ホテル鴎風亭」「汀邸遠音近音」「潮待ちホテル櫓屋」を展開。旅館や古民家再生した宿など、地域の資源を活かした宿づくりを展開している。

同社が昨年12月、尾道市に出店したのが「おのみち帆聲」である。創業約250年という老舗料亭「藤半」を改装し、客室11室とダイニングを備えた小宿だ。

「藤半」は、明治時代には伊藤博文も宿泊したといわれている老舗。その伝統と歴史を今に伝える木造2階建ての建物は夜ともなればライトアップされ、往時の料亭の華やかさを垣間見るような気がする。

館内は全館畳敷きとしスリッパは不要。畳自体が珍しい昨今、畳とはこのように気持ちがいいものかと改めて実感する。

客室は2階に7室、1階に4室を配備。1階は「ガーデンツインルーム」で、その名の通り庭を設え、開放部を大きく開けて、絵画のごとくとりこんだ。広さは約23平方メートル。全室ベッドはシモンズ社製という寝心地を重視した。バスルームは洗い場付きで高機能バスを導入した。3室備える「和モダンルーム」は檜風呂に洗い場付きというぜいたくさ。檜風呂はもっとも広い約33平方メートルの「プレミアルーム」を含めて計4室となる。

食事は1階の「ラウンジ&レストラン濤」で提供する。計20席。夕食と朝食ともに2部制で、ランチ営業も実施し、こちらは予約制で受けている(いずれもコロナ禍での対応ゆえ、今後変更の可能性もある)…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2021年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ