楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

総合グランプリは群馬「下仁田ネギえびせん」が受賞 JR東日本「おみやげグランプリ2020」

20/10/25

JR東日本は10月21日、管内のお土産から投票でナンバーワンを決定する「みんなが贈りたい! JR東日本おみやげグランプリ2020」の結果を発表した。総合グランプリには群馬県・つつじ庵の「下仁田ネギえびせん」が選ばれた。

東日本1都16県から201品がエントリー。9月1―22日にウェブサイトで投票を受け付け、審査会を経て各賞を決めた。ウェブ投票は6万3461票が集まった。

総合グランプリの「下仁田ネギえびせん」は、天然エビと米粉を混ぜ揚げたせんべい生地に、群馬県の特産である下仁田ねぎを振りかけたもの。19、20年度の2年連続でモンドセレクション金賞を受賞している。

準総合グランプリは、山梨県・桔梗屋の「桔梗信玄餅 信玄公生誕500年記念」が受賞。菓子部門賞は東京都・グレープストーン「喫茶店に恋して。」の「クレームブリュレタルト」、食品部門賞は福島県・旭屋の「なみえ焼きそば」がそれぞれ選ばれた。

そのほかの各賞は同グランプリ公式サイト(https://jreast-omiyage.jp/)へ。

JR東日本おみやげグランプリ

JR東日本おみやげグランプリ公式サイト

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ