楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

23年夏に兵庫県で「デスティネーションキャンペーン」開催決定

21/04/13

兵庫県で2023年夏(7―9月)、デスティネーションキャンペーン(DC)が開かれる。4月8日に、JR西日本神戸支社の多田真規子支社長が兵庫県庁を訪れ、兵庫県の井戸敏三知事らに開催決定通知書を手渡した。

DC

決定通知書を井戸知事(中央)に手渡す多田支社長。右端はひょうご観光本部の高士薫理事長

DCは、JRグループ6社と地元自治体、観光事業者等が一体となって全国から誘客を図る大型観光キャンペーンで、兵庫県では09年春季(4月~6月)以来、2回目の開催。今回は、日本海と瀬戸内海を抱える県内コンテンツを前面に「食、たべること」と「体験」をテーマに打ち出す。

決定通知伝達式で多田支社長は「現地での『体験』や、ひょうごの豊かな『食』を通じたリアルの魅力を、地域の皆さまと発信し、デジタル技術も活用した新たな旅行スタイルを提案していきたいと考えております」と話した。

今後、DC推進協議会(仮称)を立ち上げ、キャンペーンの具体的な内容について検討するほか、今夏から兵庫県とJR西日本で四季ごとに誘客キャンペーンを展開する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ