楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

前年比568%もコロナ禍前からは低水準に JR各社のGW列車利用

21/05/07

JR各社は今年のゴールデンウイーク(GW、4月28日―5月5日)の新幹線や在来線特急など主要線区の利用実績を発表した。6社合計で前年比568%の295万8千人だったが、前年は1回目の緊急事態宣言発令中で外出自粛が進んだ状態で、コロナ禍前の2019年比では26%に。今年は緊急事態宣言へ利用者に“慣れ”が感じられたが、それでも低調な結果だった。

各社の利用状況は次の通り(カッコ内は19年比)。

JR北海道=新幹線679%・1万7500人(18%)、在来線476%・5万5500人(34%)
JR東日本=626%・107万5千人(27%)
JR東海=新幹線526%・91万5千人(27%)、在来線736%・5万人(29%)
JR西日本=山陽新幹線492%・37万9千人(22%)、北陸新幹線957%・8万2千人(26%)、在来線特急469%・13万5千人(18%)
JR四国=瀬戸大橋線376%・7万9500人(31%)、主要3線区361%・3万5千人(28%)
JR九州=新幹線533・0%・10万5千人(26・3%)、在来線同1060・8%・10万8千人(28・4%)

山陽新幹線

山陽新幹線

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ