楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

チームラボが高知城彩る「光の祭」開催 高知県

20/01/07

高知県観光政策課の藤田直さんと同県大阪事務所の坂本祐平さんが来社。アート集団チームラボが夜の高知城を演出する「チームラボ高知城光の祭2019—2020」の魅力を紹介した。

光の祭は、明治維新150年を記念して2018年に初めて実施。46日間の会期に約11万2千人が来場した。目標としていた4万1千人に対して達成率271%という驚異的記録を打ち立て、話題となった。

今回は、前回の人気を受けて会期を約1・5倍となる67日間に延長。展示作品も一部入れ替え、前回とは違った雰囲気の夜の高知城を楽しめるようにした。

藤田さんは「人々の動きで光などが変化し、インタラクティブなアート空間になります。歴史情緒あふれる高知城本丸や石垣、高知公園二ノ丸、三ノ丸が光の独創的な空間に変ぼうします」と話すと、坂本さんも「光のアートとコラボした高知城を見ることができるのは会期中だけです。日本三大夜城の一つ高知城ならではの光の空間をぜひ見に来てください」と、呼びかけていた。

光の祭は1月13日まで。時間は17時30分—21時30分(最終入場は21時)。料金は大人1100円、20人以上の団体は1千円。天守入館券は別途必要。

高知県のお2人

高知県のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ