楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

懇親会の振る舞い

17/12/11

旅館ホテルの大阪案内所が集まった懇親会に出席していた大手旅行会社営業本部のトップが自ら名刺を配り、あいさつまわりをしていた姿に、その旅行会社のやる気を感じたことを以前、この稿で書いた。

諸々の会合の後に開かれる懇親会では、いろいろな場面に出くわす。大手旅行会社の協定旅館連盟総会後の懇親会ではこんなことがあった。

旅行会社の社員が、旅館ホテルの参加者と懇親を深めずに社員同士で固まって話にふけっていたことがあり「何のために参加したのかわからない。この総会には二度と来ない」と憤慨している旅館経営者がいた。

旅館ホテル側にとって懇親会はセールスの場だが、旅行会社側にはそう思っていない社員がいるようだ。団体客にあふれ、「客を送ってやっている」とふんぞり返っていた時代の名残りなのだろうか。そんな時代はとっくに終わっていて、懇親会でこそ情報を交換し協働への気運を高めなければならないはずだ。

つい最近、近畿案内所連合会主催の懇談会が開かれ、全旅協や大阪府旅行業協会の関係者が招待されて交流を深めた。旅行会社、案内所を問わず熱心に動き回り、両者の会への熱い思いが伝わってきた。

年末年始にかけて会合は多くなる。あちこちで交流を深めて実りある仕事につながることを望みたい。

(トラベルニュースat 17年12月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ