楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

今年は業法改正から

18/01/05

2018年1月施行の改正旅行業法。新たに設けられる「旅行サービス手配業」は、ホテル旅館などの案内所が都道府県庁に登録をしないと営業ができなくなるだけに昨年夏ごろからどのような内容の法律なのか注視されてきた。

ようやく内容が見えてきたと思ったら、既存の案内所は12月15日までに登録申請を行わないと1月4日の施行日に登録が下りず、無登録扱いになり刑罰の対象になると、とある登録行政庁。11月に各地で開かれた改正業法の説明会でなぜ、そのことを伝えないのかと抗議しても「ホームページに掲載してありますから」と担当者は一蹴したという。ホームページを見ない案内所もあるので告知の方法を考慮いただきたいと申し出ても「1月4日に承認がほしい方は、12月15日までに手続きを」の一点張りだったそうだ。

かと思えば何とか15日に登録申請を行った案内所には「混雑しているので9日の交付となります」。一体、都道府県庁はどうなっているのか、と案内所の人たちは不信感を募らせているが、法律は法律。守らなければ罰せられる。それだけに都道府県庁の担当者の方々にはもう少し丁寧な対応をお願いしたい。

改正旅行業法からスタートする今年、気持ちよく始めて実りのある1年にしたい。

(トラベルニュースat 18年1月1日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ