楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新鮮な情報を得よう

18/05/10

異業種交流は人的なつながりが広まり、業界内ではわからない気づきがあったりするものだ。どの業界間でも活発に行われているが、我々の観光業界はどうだろう。一部の人を除き、どちらかといえば出遅れている感がある。国がインバウンドや地域の活性化に観光だ、と観光施策に力を入れ出し異業種が次から次へと観光業界に進出、利益を得ているという話はよく聞く。

観光業界は出遅れているだけでなく、旧態依然の考えで商売が行き詰まり、ちょっとした発想の転換で参入してくる異業種が利益を上げていると言っていいのかもしれない。

我々の業界は極端な言い方をすると、高度成長という追い風に乗って仕事をしてきただけに過ぎない。新しい発想や工夫を凝らした商売を行ってこなかったとも言える。以前、ある古参の旅行会社の経営者が話していたのは「宴会が主体だったし、有名観光地を物見遊山で回るだけだった。宴会が目的だから旅館の料理へのこだわりもなかった。高度成長という時代の流れに乗っただけで何の努力もしなかった。そのツケが今回ってきている」。

とはいえ、業界内でも異業種と交わり新鮮な情報を得て、商売に結びつけている人も多くいる。まず、自分たちの知らない世界を知っている人たちと出会う場に足を運ぼう。

(トラベルニュースat 18年5月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ