楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ヤミ民泊排除へ一丸

18/06/11

民泊新法施行を前に、民泊仲介業の大手6社が「一般社団法人住宅仲介事業者適正化協会(仮称)」設立に向けた準備会合を開き、適正な民泊を推進する活動を始めた。

6社は百戦錬磨、エアビーアンドビー、ホームアウェイ、途家(トゥージア)、自在客(ジザイケ)、楽天ライフルステイ。ヤミ民泊を掲載する仲介業者を締め出し、利用者の安心安全を担保した運用や質の向上を目指す。観光庁も業界団体の設立に向けて協力し、今秋にも正式発足を目指すとしている。

旅館関係者は新団体設立に対して歓迎の姿勢を示すものの、どこまでヤミ民泊を締め出せるのか疑問を持つ人も少なくない。そういった声に答えて適正化協会側からは「エアビーアンドビーは5月末からヤミ民泊を締め出し、すでに8割以上が削除され、6月15日までにはほぼヤミ民泊は消える」と断言。ヤミ民泊を排除するための組織だと言い切る。加えて、民泊運営団体と対峙するのではなく特別会員として取り込み、意見が言い合える関係を構築すべだと旅館側に訴える。

全旅連は、全国47都道府県旅館組合が地元警察署の生活安全課と連携しヤミ民泊の排除に取り組むが、適正な民泊を推進する組織との腹を割った情報交換の場を設けることも必要ではないだろうか。

(トラベルニュースat 18年6月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ